合成ダイヤモンド市場が急成長!人工ダイヤが選ばれる理由

合成ダイヤモンド市場が急成長!人工ダイヤが選ばれる理由

合成ダイヤモンドとは?

合成ダイヤモンドとは、研究室や工場で人工的に作られたダイヤモンドのことをいいます。

天然のダイヤモンドが何億年もの時間をかけて自然と生成されるのに対し、合成ダイヤモンドは数週間という短期間での生成が可能です。

現在の主な合成ダイヤモンド生産国は、中国やロシア、ウクライナ、アメリカ、日本となっています。

なぜ合成ダイヤモンドは工業用に用いられたか

合成ダイヤモンドは結晶構造や化学成分などの特徴も天然のダイヤモンドと同じですし、どちらも炭素のみでできており、物質中最高の硬さと熱伝導性を誇ります。

そのため、古くからダイヤモンドは医療や精密加工、科学技術などさまざまな分野で工業用として用いられてきました。

しかし、天然のダイヤモンドは希少性が高く品質にもばらつきがあるため、品質が安定しており量産できる合成ダイヤモンドが工業用として重宝されています。

近年合成ダイヤモンドが愛される理由とは

工業用ダイヤモンドとしての印象が強かった合成ダイヤモンドですが、近年ではサスティナブル(持続可能な)かつエシカル(倫理的)な宝石として、ジュエリー市場が爆発的に急成長しています。

天然のダイヤモンドは採掘に大規模な環境破壊をともない、原石の売買が争いの原因になることもあります。

また、採掘場での低賃金労働や児童労働、人権問題などがたびたび問題として取り上げられてきました。

それに対して合成ダイヤモンドは土壌を大量に掘り返すこともなく、労働条件に問題のない研究室や工場で生産されています。

このような点が世界中のセレブやインフルエンサーから愛される理由となりました。

ラボグロウンダイヤモンドは合成ダイヤモンドのこと

合成ダイヤモンド先行国のアメリカでは「合成ダイヤモンド」の呼び名は一般的ではなく、実験室で成長したダイヤモンドという意味の「Lab grown Diamond(ラボ グロウン ダイヤモンド)」の呼び名が推奨され、ジュエリーダイヤモンドとしての地位を確立しています。

合成ダイヤモンドの市場動向について

ジュエリー用の合成ダイヤモンドが登場したのは1990年代半ばのことですが、その頃はまだあまり流通しておらず、日本国内のジュエリーショップではほとんど店頭に飾られることはありませんでした。

しかしその後、合成ダイヤモンドの生成技術が向上したことや需要の拡大によって、合成ダイヤモンド市場は急成長します。

合成ダイヤモンドは品質が均一で産出量も安定していますし、あらゆるサイズに対応しており、最大で10カラットもの大きさのものからメレーほどの小粒のものまで生成が可能です。

このように安定した供給を見込めるうえに、低価格で調達でき、輝きは天然と遜色ないとなるとジュエリーブランドはもちろんのこと、消費者からの需要も年々拡大しています。
2018年にはダイヤモンドジュエリー市場のうち、3%しか占めていなかった合成ダイヤモンド市場ですが、2021年には22%まで急成長しました。

そしてさらに今後、市場はますます成長するものと見られています。

合成ダイヤのメリット〜手に入れやすい価格帯〜

合成ダイヤモンドは採掘にかかる費用や労働者に支払う賃金が不要なため、天然ダイヤモンドより低価格で販売することが可能です。天然ダイヤモンドに比べ、30〜40%程度安く提供できるようになっています。

天然のダイヤモンドと変わらぬ輝きを、気軽に日常的に楽しめるのはうれしいですね。

実は難しい!?合成と天然ダイヤの見分け方

合成ダイヤモンドと天然のダイヤモンドは結晶構造や化学成分が同じだとご紹介しましたが、そもそもの生い立ちが違うので見分けることは可能です。

しかし輝き自体はほとんど同じなので、素人目にパッと見で見分けることはかなり難しいでしょう。

ではどのようにして見分けるのかというと、専門的な機器を用いて結晶や含有物、不純物、特性などを見て判別します。

例えば、天然のダイヤモンドは長い時間をかけてゆっくりと生成されるので結晶が不均一になりがちですが、合成ダイヤモンドは品質が安定しています。

また、天然のダイヤモンドは窒素を不純物として含みますが、合成ダイヤモンドはほとんど含みません。

このように分子レベルまで確認しないことには、天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違いはほとんどわからないでしょう。

合成ダイヤモンドを取り扱う人気のブランド

close up wedding diamond ring on woman finger

需要の拡大にともない、合成ダイヤモンドを取り扱うジュエリーブランドは近年増加の傾向です。そのなかでも人気のブランドをいくつかご紹介します。

Lightbox(ライトボックス)
SHINCA(シンカ)
KIMAI(キマイ)

Lightbox(ライトボックス)

Lightboxはダイヤモンドジュエリーブランド大手のデビアスが手がける、合成ダイヤモンドジュエリーの新ブランドです。

デビアスが合成ダイヤモンドジュエリーブランドに進出すると発表したのは2018年のことですが、それは業界に激震が走るほどの出来事でした。

それまでは「合成ダイヤモンドをダイヤモンドとして正式に評価してもいいのか?」といった声が少なからずありましたが、大手のデビアスが合成ダイヤモンド市場に参入したことで「合成ダイヤモンドジュエリーが正当化された」とみなされたからです。

デビアスは、もっと気軽にダイヤモンドを楽しんでもらうためにLightboxをスタートさせました。

最先端の技術によって生成された高品質の合成ダイヤモンドを、手頃な価格で消費者に提供しています。オンラインショップでは日本への発送も可能です。

SHINCA(シンカ)

SHINCAは仕入れからデザイン、製造、品質管理、販売までを日本国内でディレクションしている合成ダイヤモンドのジュエリーブランドです。

ミニマルなデザインと、厳選された確かな素材が魅力のジュエリーブランドとなっています。

KIMAI(キマイ)

KIMAIはロンドン発の合成ダイヤモンドジュエリーブランドです。

2018年のブランド設立後すぐにメーガン・マークルやエマ・ワトソンらセレブに着用されたことで一躍人気のブランドへと急成長しました。

特にKIMAIを代表するピアス「フェリシティ」が人気で、大切な人に贈るのに最適のジュエリーとなっています。

今後需要が高まる合成ダイヤモンド

以上、合成ダイヤモンドについてご紹介しました。

・合成ダイヤモンドは人工的に作られたダイヤモンドのこと
・市場が急成長している
・天然ダイヤモンドとほとんど見分けがつかない

このような内容をお伝えしましたがいかがでしたか?

合成ダイヤモンドは今後ますます需要が高まることでしょう。あなたも、日常使いに楽しめるアイテムのひとつに、天然ダイヤモンドと遜色ない輝きを持つ合成ダイヤモンドのジュエリーを取り入れてみませんか?

おすすめ記事