ダイヤモンドが高騰見込み。ロシア国営企業「アルロサ」が制裁対象に

ダイヤモンドが高騰見込み。ロシア国営企業「アルロサ」が制裁対象に

ロシアのウクライナ侵攻に対して、世界各国はロシアの企業へも制裁を強めています。

世界最大のダイヤモンド採掘会社であるロシアの国営企業「アルロサ」もアメリカからの制裁が決まりました。

このニュースを受けて、ダイヤモンドが今後高騰する可能性についてご紹介します。

ついにロシアの国営企業「アルロサ」が制裁対象に!

アメリカのバイデン政権は、2022年4月7日、ロシアの国営企業「アルロサ」を制裁対象として追加 しました。

アメリカは、ウクライナ侵攻を続けるロシアに資金を提供している主要組織に圧力をかけ続けると発表しています。

アルロサは世界最大のダイヤモンド採掘会社であり、世界のダイヤモンドの採掘量の約27%を占める巨大な組織です。

アルロサは世界的なジュエリー協議会RJCから脱退

アルロサはアメリカから制裁を受けているだけでなく、 世界的なジュエリー協議会であるRJC(Responsible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会)からも脱退 しています。
これは、大手高級ブランドからの圧力によるものです。ロシアがRJCに加入していたことを理由に複数の大手がすでにRJCを脱退していました。

ロシアのダイヤモンド採掘企業のアルロサとは

アルロサは、 ロシア政府が37%の株を所有するダイヤモンド採掘企業 です。
ダイヤモンドの採掘からカットまで、アルロサは多岐にわたって事業を展開しています。

アルロサからダイヤモンドを購入することは、デビアス社と同じようにダイヤモンド業界にとってはステータスともされていました。

アルロサは、中国や日本でも人気が高い希少なファンシーカラーダイヤモンドも採掘しています。

ダイヤモンドが高騰する理由

アルロサが制裁対象となったことを受け、今後ダイヤモンドの価格が高騰することが予想されています。その理由をご紹介します。

アルロサのダイヤモンドは世界シェア27%

ロシアは世界有数のダイヤモンドの産地です。ロシアのダイヤモンドの採掘量は世界一で、世界の約3割のダイヤモンドはロシア産になります。

ダイヤモンド生産国ランキング|産出量1位は〇〇!驚きの採掘方法

ロシアのダイヤモンドのうち約9割はアルロサが採掘しており、 アルロサのダイヤモンドは世界で約27% ものシェアです。

アルロサのダイヤモンドがアメリカの制裁対象となったことで、ダイヤモンドの流通量は減少するため価格が高騰することが予想されます。

アメリカのダイヤモンドの売上高は世界の約50%

アメリカのダイヤモンドの売上高は世界の約50% を占めています。

高いシェアを占めるアメリカがロシア産のダイヤモンドの輸入を禁止しているのは、ダイヤモンド業界に大きな影響を与えるでしょう。

企業や消費者の不買運動

大手ジュエリーブランドのなかには、 ロシア産のダイヤモンドの調達を独自に中止 している会社もあります。

例えば、ティファニーは、メレダイヤも含めすべてのロシア産のダイヤモンドの調達を中止しました。

ティファニーですでに流通してしまっているダイヤモンドに関しては、顧客がロシア産かどうか確認できるようになっています。

消費者の間でも、ロシア産のダイヤモンドの不買運動は高まっています。

アルロサへの制裁の抜け穴

アメリカのアルロサへの制裁には、実は抜け穴もあります。

世界のダイヤモンドの約95%はインド産

アメリカで流通しているダイヤモンドの多くは法律的にはロシア産ではありません。

世界中で流通しているダイヤモンドの約95%がインドでカットや研磨がおこなわれており、それらのダイヤモンドはインド産として輸入されてしまうのです。

ダイヤモンドのサプライチェーンには問題がある

カットや研磨のためにインドや他の国に送られたダイヤモンドは、 それ以前の原産地がわからなくなってしまいます。

どこからどこに移動したというサプライチェーンを明確にするトレーサビリティーが欠如してしまっているのです。

そのため、 ロシア産のダイヤモンドに対する制裁の効果は、最小限に留まるという見方もあります。

まとめ

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシアのダイヤモンド採掘企業であるアルロサをアメリカが制裁すると決定しました。

ダイヤモンド売上高で高いシェアを持つアメリカが、高い採掘量を誇るアルロサへの制裁を決めたのです。

また、ロシア産のダイヤモンドへの不買運動は企業や消費者の間でも高まっています。

つまり、今後ダイヤモンドの高騰が予想されるでしょう。一方、制裁の抜け穴もあるため、制裁の効果は限定的という見方もあるようです。

今後の世界情勢に大きく影響される可能性が高いダイヤモンド。ダイヤモンドを売却されたい方は、日々変動する価格をこまめにチェックすることをおすすめします。

今後の見通しもわからないため、早めに売却してしまうのもよいかもしれません。

おすすめ記事