カルティエのトリニティリングが時代を超えて愛される3つの理由

カルティエのトリニティリングが時代を超えて愛される3つの理由

カルティエのトリニティリングをご存じでしょうか?トリニティリングはカルティエのアイコンジュエリーでもある人気の指輪です。

「カルティエのトリニティリングの意味や特徴を知りたい」
「カルティエのトリニティリングの着け方を知りたい」

などカルティエのトリニティリングが気になっている方へ、トリニティリングの特徴や魅力、着け方までご紹介します。

カルティエのトリニティリングとは?

トリニティリングは、 1924年に発売された3つの指輪が絡み合うデザインが特徴的な指輪 です。「トリニティ」はフランス語で「3つ」を意味しています。

トリニティリングはダイアナ妃がピンキーリングとして身につけたことでも有名です。ペアリングとしても人気が高く、女性だけでなく男性からも愛されています。

トリニティリングが持つ意味

トリニティリングは、3色の異なるカラーの指輪がそれぞれ以下の意味を持っています。

ホワイトゴールド:友情
イエローゴールド:忠誠
ピンクゴールド:愛

トリニティリングは3サイズ

トリニティリングのリング幅は3サイズで展開されています。最も細い2.8mmのSM、発売当時のデザインである3.53mmのMM、存在感があり男性にも人気な5.2mmのLMの3種類です。

また、カルティエの指輪の指周りのサイズは44MM〜71MMまで1M間隔でサイズ直しが可能です。

トリニティリングが時代を超えて愛される理由

100年近い歴史を誇るトリニティリングですが、今も昔も多くの人々に愛されてきました。バブル期に流行したため、時代遅れではないかと考える方もいますが、そんなことはありません。

トリニティリングは今も若い人々の間でも人気の高いリングです。

一生もののジュエリー

カルティエは、世界5大ジュエラーの一つであり、長い歴史と高い技術を持っています。なかでもトリニティリングは一生もののジュエリーとして紹介されることが多いアイテムです。

高級感があり、着用しやすいデザインであるため、子どもや孫に受け継ぐ場合もあるようです。

お守りとして着ける

トリニティリングは、友情・忠誠・愛の3つの意味も込められているため、お守りとして身に着ける方も多い指輪です。恋人同士のペアリングとしても愛され、男性にも人気のデザインになります。

幅広い世代に人気のデザイン

トリニティリングは、若い方から年配の方まで幅広く愛されています。トリニティリングはカルティエの高い技術力と計算された設計によって実現した、カルティエらしく洗練された指輪です。

バブル期に爆発的に人気になったため、40代〜50代の方のなかには、プレゼントとしてもらった方も多いかもしれません。一方、発売から100年近く経過した現在においても、20代〜30代の人たちからも高い人気を集めています。

どこの指に着ける?トリニティリングの着け方

3色でリング幅も選べるトリニティリングは、さまざまなつけ方が可能です。単体で着けても、他の指輪との重ね着けも合わせやすいですよ。

指輪は左右どちらの、どの指に着けるかによってその意味が変わってきます。あなたが求める指輪の魅せ方や意味に合わせて、トリニティリングを着ける指を選びましょう。

ペアリングや結婚指輪として薬指に

ペアリングや結婚指輪として着けるのであれば、薬指に着けるのが多いでしょう。結婚指輪は左手の薬指が一般的ですが、恋人同士で右手の薬指に着ける場合もあります。

右手の薬指に着ける指輪は「ラブリング」とも呼ばれるそうです。

おしゃれなピンキーリングとして小指に

トリニティリングは、ダイアナ妃が小指に着けていたことから、ピンキーリングの火付け役になったとも言われています。ピンキーリングはさりげなくお洒落を楽しめますよね。

右手の小指は自分自身の魅力を高め、左手の薬指は、変化やチャンスをもたらすとも言われています。

目立たせたいなら人差し指や中指に

目立たせたい場合は中指や人差し指もおすすめです。ボリュームのある太めのトリニティリングでおしゃれに目立たせましょう。

右手の人差し指は集中力を高め、左手の人差し指はポジティブな気持ちを高めると言われています。また、右手の中指は、直感を高め、左手の中指は協調性を高めるとも言われています。

まとめ

今回は、3本の指輪が絡み合うカルティエのトリニティリングの特徴や魅力、着け方をご紹介しました。それぞれのリングが友情・忠誠・愛を意味するトリニティリングは、長い歴史のなかで今も昔も変わらず愛され続けています。

リング幅のサイズも3種類あり、着ける指によってその魅せ方や意味は変わります。あなたにピッタリのトリニティリングのサイズや着け方を見つけてみてくださいね。

おすすめ記事