もう使用不能?古いボロボロルイヴィトンでも買取価格がつく理由

もう使用不能?古いボロボロルイヴィトンでも買取価格がつく理由

どんなボロボロヴィトンでも買い取れるって本当?

ルイヴィトンはどんな状態でも売れるって聞いたんですけど、ボロボロすぎて持ち込むのが恥ずかしいんですよね。。。

大丈夫!
私たちプロのバイヤーは、毎日のように持ち込まれるいろんな状態のヴィトンを見ています。どんなものでもどんとこいです!

えーほんとに?
じゃあこんなものでも?

ボロボロヴィトンのキーケース

まったく問題ありません!むしろキレイな方ですよ!

これでキレイなんですか!?
人前に出すのが恥ずかしくて捨てようと思っていたんですが。。。

ショルダーが切れて使うことの出来ないバッグや、ポケットの中がベタベタ・素材がはがれている・ファスナーが開かない・・・なんて日常茶飯事。
それでも売却できるのがルイヴィトンなんです!

どんなにボロボロでもルイヴィトン製品なら必ず価格をつけて買取ができるので「送ってくれてありがとう!」っていう気持ちで査定しているんですよ^^

ええっ!こんな状態でも!?
ヴィトンってすごい!

なぜヴィトンはボロボロでも買い取れるのか?

でも、なんで使用不能になったものでも買取してもらえるの?

ズバリ世界的に有名なブランドだからです。
それでは詳しく説明していきましょう。

理由その1 その秘密は圧倒的需要の多さ!

歴史が古いルイヴィトンは世界中の人々に愛されています。多くの国・年代・性別問わず「誰もが知るブランド」として君臨しているため、それに比例してニーズが高いのです。
新品で買う人もいれば、中古であっても気にしない人もいますし、人によってはかなりのダメージがある状態でも安く手に入るのなら気にしないこともあります。

ダメージがあっても新品より安く手に入るなら中古で欲しい、と考える人々が多くいるからこそ中古ヴィトン市場という巨大なマーケットが築かれているのです。

ではなぜ、「使用不能」なほどボロボロでも流通するのか。

理由その2 修理して長く使い続けられる

ルイヴィトンはそもそも修理や手入れをしながら長く使い続けられるようにと、職人によって一つ一つ丁寧に作り上げられていて、丈夫な素材・匠の技が合わさって最高の品質を保っているのです。

修理することを前提として作られているため、ルイヴィトン直営店で有料のリペアサービス(修理)を受けることができます。

開閉できなくなったスナップボタンの交換バッグの持ち手交換などのサービスが受けられますので、修理代を見越して中古品を購入することもできます。アイテムによっては持ち手のヌメ革を取り替えるだけで新品と見間違うほどキレイになるものもありますよ。

なお、パーツの交換は可能ですが、モノグラム部分の張り替えは対応していないとのことですのでご注意くださいね。

ただし、直営店以外のお店(例えば街の革専門修理屋さん等)でお直しをしてしまうと、いざ直営店でリペアサービス(修理)を受けようと持ち込んだ際に取扱不可となってしまうことがありますので修理は直営店でされることをオススメします。

理由その3 古いデザインの価値

時代に合わせてデザイナーが代わり、毎シーズン新作を発表しているルイヴィトン。
同じ名前のバッグでもマイナーチェンジがされることは珍しくありません。

例えばドラム型ハンドバッグのパピヨン。
昔は手で持つことが主流だったため「ショルダーは短め」に対して、現代の女性は肩にかけるスタイルが一般的になりつつあるので小脇に抱えられるよう「ショルダーは長め」に変更されています。ここであえて「ショルダーが短いパピヨン」が欲しい方は中古市場で探すことになりますよね。

多少ダメージがあったとしても、「中古でしか手に入らない」「お直しして使える」ならば、と考える人が多くいるからこそ、ルイヴィトンはどんな状態でも買取することが出来るのです。

ルイヴィトンパピヨンの現行・旧型の違いを徹底解説

実際のところ、いくらで買取可能なの?

買取可能ってことは分かったけど、一番安くていくらなの?

価格、気になりますよね。
使える状態か、破損していて使えない状態かで落差はありますが、説明していきましょう。

ボロボロヴィトンの買取価格の目安

まずはランクについての説明です。

ブランド買取店がお品物を買取する際に、アイテムごとにコンディションランクをつけます。
これは各買取店独自の基準に従い評価するものですので、【買取店A】のランク付けと【買取店B】のランク付けが必ずしも同じにはなりません。
同じ品物を見て、【買取店A】は「正面にあるけど小さな傷」と判断する場合と、【買取店B】は「正面にあるから目立つ傷だ」と判断するなどといった違いです。

一般的なランクの見方をまとめましたので参考にしてください。

N使用感はまったくなし。
例えば自分が購入する際に「新品です」と手渡されても納得するくらいの状態。
Sほとんど使用感のないキレイなお品。
例えば正規店で数回ためし履き/試着されていた程度、もしくは展示品。
A数回の使用感/使っていたけど、キレイに使っていた。
バッグや財布であるなら型崩れや傷がほとんど無く「中古品」と分かるが、
まだまだキレイな品と感じる程度。
B日常的に使っていた。
通勤・通学など毎日使っていたのが分かるコンディション。ステッチのホツレや多少の裂けがある場合はAからBになります。
Cかなりのダメージがある。
ファスナープルが取れていたり、バッグ底部が擦り切れているもの、持ち手や内部が変色しているなどかなりの使用感があるものです。
D修理が必要。
スナップボタンが閉まらない・ショルダーベルトが千切れてしまった場合など、「お直しが必要」と判断されるものです。

多くの方が思う「ボロボロだ」と言うものは大体がCランク~Dランクに相当します。

Dランクに相当するような使用不能・ボロボロアイテムの場合ですが、財布・キーケースなら一番安くて100円バッグなら500円が一般的な最低価格となります。
これがCランク判定となればもっと高い価格がつきます。

ご自身が「使用不能でしょ!」って思ってても、買取店からするとまだまだ使えるって事は良くあるので、ダメ元で一度査定に出してみて確かめてください!

なるほど!最低100円って分かると買取に出すかどうかちゃんと考えられますね。
・・・うーん、でも100円かぁ・・・。

そうですね、安いなって思う方もいらっしゃると思います。
ですが、ヴィトン以外のブランドだったら「ダメージがひどすぎて買取不可」となってしまうところ、買取価格が出ることはスゴイことなんですよ。
どんなにダメージがひどくても金額がつくのはヴィトンだけなんです!

そうか!言われてみればグッチやコーチだとボロボロすぎたものは買取してもらえなかったことがある!

注意したいのが、買取店によって対応が違うということ。いくらヴィトンでもあまりにボロボロすぎたら「買取不可」としていたり「他の商品と合わせて●円」としていたり、買取店によって対応は様々。基本的には値段が付くのですがお店の方針によるところが大きくあります。

ボロボロヴィトン買取OKと言っているお店にに持ち込むのがいいって事ですね。

ビープライスでは価格保証を実施中!ルイヴィトンのバッグなら破損・破れ・汚れ・変色などどれだけ状態が悪いものでも必ず最低1,000円以上での買取を保証・お約束いたします。捨てようと思っていたルイヴィトンをお持ちの方、1点のみでも喜んでお買取させていただきますので是非ご利用ください!

買取価格例

1:ショルダーが取れて使用不能ノエ M42224

買取日付
2019年8月
買取価格
3,000円
ランク
D
年式
年式:1994年
これぞキングオブダメージヴィトン!ショルダーがちぎれてしまい使用不能となったノエ。開口部のヌメ革紐も紛失しておりますが問題なく買取可能です!

このアイテムに起こりやすいダメージ

【ショルダー破損】

バッグに重い荷物を長時間入れていたり引っ張ったりしてショルダーに負荷が掛かり続けるとヌメ革が擦り切れて、いくら強い素材と言っても最終的にはちぎれてしまいます。とくにノエはワンショルダータイプなので一箇所切れてしまうと使用不能に。そんな状態でもビープライスはお値段をお付けしてお買取させていただきます。

ボロボロヴィトン ノエダメージ_紐紛失

【開口部紐紛失】
もともとはワインやシャンパンを持ち運ぶためのバッグであるノエ。収納口を開けたまま使用することもありますが、うっかり開口部紐紛失してしまう方がいらっしゃいます。巾着バッグとして使うことの出来なくなった場合でも喜んでお買取させていただきます。

ボロボロヴィトン ノエダメージ_雨染み

【ヌメ革の雨染み】
ショルダー部分や底部に使われているヌメ革は水分に弱く濡れるとシミとなり、濃い茶色を経て黒っぽく変色していきます。今回のアイテムはまだら模様に雨染みが見られ、多少目立ちましたがそこまでマイナスポイントとなることなく買取可能です。

2:角が擦り切れたノエ M42224

ボロボロヴィトン ノエ
買取日付
2019年6月
買取価格
6,000円
ランク
C
年式
年式:1990年
外部ダメージはあるものの、内部は比較的綺麗で通常使用可能のお品物でした。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ボロボロヴィトン ノエ ダメージ_底部擦り切れ

【底部の破れ】
バッグ類は特に底部四隅が擦り切れにより破れやすい箇所です。底部破れはバッグのお買取時に良くあることで、パイピングに使われている芯材が飛び出てしまったようなダメージのバッグであってもルイヴィトン製品であれば買取可能です。

ダメージ_ヌメ革の雨染み

【ヌメ革の雨染み】
ショルダー部分や底部に使われているヌメ革は水分に弱く濡れるとシミとなり、見た目の悪さはもちろんですが、お手入れを誤ると乾燥しひび割れに繋がり最悪の場合割れてしまいます。特に雨に当たったような斑点模様のシミやは目立ちますので敬遠される方もいらっしゃいますが、売却は可能です。

ダメージ_金具の錆

【金具のサビ】
ビスなど金具まわりに発生する緑色の付着物は「サビ」です。ヴィトン製品に使われているビスは真鍮(しんちゅう)のため、含まれている銅が酸化して「緑青(ろくしょう)」を発生させています。バッグ内側のキャンバス地や衣類に付着すると色移りしますので、見つけたら爪楊枝などで取り除き金具をティッシュなどで拭いておくことをオススメします。

3:取っ手の切れかけたエピ リュサックM52289

ボロボロヴィトン リュサック
買取日付
2019年7月
買取価格
12,000円
ランク
B
年式
年式:1995年
一見キレイな状態ですが、ショルダー付け根に破れや正面に線上のキズ、底部に通常使用のダメージあり。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_ショルダーちぎれ

【ショルダーちぎれ】
リュサックはバッグ本体にショルダー部分が縫い付けられているため、革部分のひび割れから素材が裂け、最終的には切れてしまうことが多くあります。今回はまだ千切れてませんが、完全に切れてしまったものでも買取OKです。

ダメージ_線傷

【線キズ】
エピ素材は縦のキズに弱く、一度ついてしまったら目立ってしまいます。ですがリペア次第で多少目立たなくさせることが可能ですので、買取には問題ございません。

ダメージ_底部ダメージ

【底部にかなりのダメージ】
リュサックは底部に鋲(金具)が無いため直接バッグ本体が地面についてしまいます。その為底部が黒ずんだり素材がハゲてきたり、最悪擦り切れて穴が開くことも珍しくありません。今回のお品物はかなりの黒ずみが出ていましたが買取価格10,000円を超えていますね。

4:収納ポケット使用不可のヴォワヤージュM59098

ボロボロヴィトン ヴォワヤージュ
買取日付
2019年8月
買取価格
3,000円
ランク
D
年式
年式:1996年
内部収納ポケットがベタつきにより使用不能になっているのが致命的ですが、メイン収納は使用可能。外観は一見キレイな状態ですが持ち手部分の黒ずみや底部角スレがあります。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_内部ベタつき

【収納内部ベタつき】
収納内部が湿気によりベタつき、素材がはがれてベタベタになってしまうと、もうそのポケットは使うことが出来なくなりコンディションランクはDに。多くの買取店は買い取り不可とすることもあるようですが、手に付くようなベッタリ感が残るアイテムでもビープライスは買取可能です。

ダメージ_角スレ

【角スレ】
毎日使うビジネスバッグは角スレが起こりやすく、底部が黒ずんだり素材がハゲてきたり、最悪擦り切れて穴が開くことも珍しくありません。しかしながらこのくらいの角スレはまったく問題ありません!

ダメージ_ハンドル劣化

【ハンドル劣化】
必ず触るバッグのハンドル部分。劣化がひどくなると黒ずみ・素材の擦り切れとダメージが進行していきます。今回のバッグはかなりの黒ずみがありますが、リペアをすれば多少キレイになりますので喜んで買取いたします。

5:ショルダー・開口部ベルト部ヌメ革破損のシャンティ M51234

ボロボロヴィトン シャンティ
買取日付
2020年10月
買取価格
5,000円
ランク
C
年式
年式:1989年
全体的にヌメ革の劣化が激しく、ショルダー部分と開口部ベルトがちぎれかかっております。内部収納ポケットにもベタベタ~ボロボロとした素材剥がれが起こっておりました。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_ショルダーベルト破れ

【ショルダーベルト破れ】
バッグに重い荷物を長時間入れていたり引っ張ったりしてショルダーに負荷が掛かり続けるとヌメ革が擦り切れて、いくら強い素材と言っても最終的にはちぎれてしまいます。シャンティは斜めがけバッグとしてご利用いただくことが多く、金具周りのヌメ革は左右によく動きますので磨耗していきますが、ショルダー交換をするなどでお直し可能ですのでビープライスは喜んでお買取いたします。

ダメージ_ヌメ革ベルト破損

【ヌメ革ベルト破損】
頻繁に開け閉めする開口部のヌメ革ベルトは劣化によってベルト穴からひび割れ・破損してしまいやすいです。また、バッグ正面にあるため雨にも当たりやすく劣化が進みやすいので注意が必要です。画像のようにポッキリ折れてしまったような状態でもお買取可能ですよ。

ダメージ_素材はがれ

【収納内部の素材剥がれ】
内部収納ポケットにベタベタ部分や、ボロボロとした素材剥がれが進行しており一般的には使用不能のバッグですが、シャンティは希少な廃盤品でありお直しして使用可能ということからしっかり買取価格がつきます。

6:長期保管でカビ臭がスゴイ!スピーディ30 M41526

ボロボロヴィトン スピーディ
買取日付
2019年8月
買取価格
3,300円
ランク
C
年式
年式:1987年
見た目はきれいなのですが、中を開けると目にしみるようなカビ臭がします。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_カビ臭

【カビ臭】
長年使わずにしまい込んでおくといつの間にかカビが発生し、ひどい場合はむせ返るようなカビ臭がします。周りにニオイ移りがしそうな状態でもルイヴィトンなら買取可能ですよ。

ダメージ_破れファスナー破損

【破れ・ファスナー破損】
ファスナー部分のかみ合わせが悪くなり開閉が硬くなったものや、内部の素材を噛んでしまうなどで内側素材が破れてしまうことがよくあります。リペア方法としてロウソクなどを擦りこみ滑りをよくすればまだまだ使えます。

ダメージ_ハンドル黒ずみ劣化

【ハンドル劣化】
必ず触るバッグのハンドル部分。劣化がひどくなると黒ずみ・素材の擦り切れとダメージが進行していきます。ヌメ革は黒く変色していきますが、リペアをすれば多少キレイになりますので喜んで買取いたします。

7:ボロボロ財布!ポルトトレゾール・エテュイパピエM61202

ボロボロヴィトン ポルトトレゾール・エテュイパピエ
買取日付
2019年8月
買取価格
3,300円
ランク
D
年式
年式:1997年
カードケース裏の収納内部に素材ハガレがありますが、それ以外の部分はキレイです。また所々ステッチが解け素材が裂けている部分があり、前所持者様が縫い直した跡が見られます

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_内部素材剥がれ

【内部素材ハガレ】
収納内部が湿気により素材が浮きあがり、日焼けした肌のようにボロボロと剥がれてくることがあります。ベタツキを伴っている場合と多少価格差があり、多くの買取店は買い取り不可とすることもあるようですが、手に付くようなベッタリ感が残るアイテムでもビープライスは買取可能です。

ダメージ_裂け縫い直し後

【裂け・ステッチ縫い直し跡】
縫い合わせのステッチが解けてしまい、裂けてくることは珍しくありません。ステッチ部分をご自身でお直ししてしまうと正規店でのアフターサービスが受けられなくなる場合がありこの場合でも多くの買取店が「買取不可」とすることもあります。ですがこちらも当店では買取OKです。

ダメージ_カード収納の型付

【カードケース部分型付】
たくさんのカードをパンパンに入れているとどうしても付いてしまう型付。もっとひどい場合には端が裂けてしまいますが、買取には問題ありません。

8:緩んだボタンのポルトトレゾールインターナショナルM61215

ボロボロヴィトン ポルトトレゾールインターナショナル
買取日付
2019年8月
買取価格
2,000円
ランク
D
年式
年式:1997年
スナップボタンがゆるゆるになっており開閉に不安があります。また、収納内部に素材剥がれが見られます。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_スナップボタンの緩み

【スナップボタンの緩み】
使用しているうちにスナップボタンが緩み、パカパカと開いてしまうようなダメージになる事もあります。買取店によっては「現時点で使用不可」との判断によって買取してもらえないこともありますが、パーツ交換などのリペアを施せばまだまだ使えるお品物ですのでビープライスではお値段をお付けいたします。

ダメージ_素材ハガレ

【内部素材ハガレ】
湿気により裏地が見えるほど素材が剥がれています。ベタツキを伴っている場合と多少価格差があり、多くの買取店は買い取り不可とすることもあるようですが、手に付くようなベッタリ感が残るアイテムでもビープライスは買取可能です。

ダメージ_カード収納部分の裂け

【カードケース部分裂け】
カードの出し入れによって収納部の端が裂けてしまうこともありますが、このくらいでしたら買取にはなんの問題もありません。喜んでお買取させていただきます。

9:使い込んだマルチカラーのキーケース(ミュルティクレ4) M93731

9マルチカラーのキーケース
買取日付
2019年7月
買取価格
500円
ランク
C
年式
年式:2010年
インクのハゲやステッチのホツレなどが見られ、通常使用されているのが分かるアイテムですが、スナップボタンの開閉が緩くなるなどは特に無く、鍵をつける金具は取れておりませんので、まだまだ通常使用可能のお品物です。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_ステッチほつれ

【ステッチほつれ】
キーケースの外観ダメージとして目立つのはエッジ部分のステッチホツレと革のひび割れです。折り目の部分はどうしてもダメージが出やすいですが使用不能というわけではないためCランク評価がついております。

ダメージ_金具の変色

【金具の色ハゲ/変色】
スナップボタンが外側にあるアイテムは、元々が金色だった金具がハゲて銀色になってしまうこともありますが買取にはまったく問題ありません。また、スナップ開閉が困難になってしまったアイテムはDランクとなり査定額が下がりますので、開閉できるかどうかがコンディションの境界線と言えるでしょう。

ダメージ_内部黒ずみ

【内部黒ずみ】
キーケースは鍵を保護するという商品の特性上、内部に黒ずみや型付が目立ちやすくなります。ですが使用不能とまではいかないダメージですのでCランク評価をキープしております。

10:モノグラムミニラン6連キーケースM62991

ボロボロヴィトン モノグラムミニラン6連キーケース
買取日付
2019年7月
買取価格
1,000円
ランク
C
年式
年式:2010年
キャンバス素材のホツレや素材のハゲ、ステッチのホツレ、内側の鍵があたる部分に素材の劣化が目立つお品物です。

このアイテムに起こりやすいダメージ

ダメージ_角スレステッチのほつれ

【ステッチホツレ】
キーケースの外観ダメージとして目立つのはエッジ部分のステッチホツレ、特にキャンバス素材は擦り切れて破れてしまうこともありますが、問題なく買取することができます。

ダメージ_内部のダメージ

【内側のダメージ】
キーケースは鍵を保護するという商品の特性上、内部に黒ずみや型付が目立ちやすくなり、特に鍵や金具が当たる箇所は素材が擦り切れるなどのダメージが発生しやすい箇所です。

ダメージ_金具のダメージ

【キーケース金具のダメージ】
キーケースの良くあるダメージのひとつとして、鍵をつける金具部分が取れてしまうという点。一部がとれて6連が5連になってしまったアイテムはDランクとなり査定額が下がりますので、金具の破損がコンディションの境界線と言えるでしょう。

ルイヴィトン ヌメ革のお手入れや、変色・シミ・カビを防ぐ方法

おすすめ記事