メガネフレームの種類一覧

メガネフレームの種類

ブランドによって様々なメガネ。
一昔前は様々なブランドを取り扱うようなメガネ屋さんで購入することが一般的でしたが、最近ではオリバーピープルジャポニズム999.9などのファッショナブルかつ個性溢れる「メガネブランド」が台頭してきており、メガネユーザーも好みのブランドを見つけて、その直営店で購入することが多くなりました。

今回の記事では、基本的なメガネフレームの種類である素材・つくり・デザインに合わせて、人気ブランドをご紹介します。

メガネフレームの素材

セルフレーム
一般的にプラスチックなどで作られたフレームを指します。カラーが豊富でカジュアルな印象。
メガネ素材-セルフレーム
メタルフレーム
チタンやアルミニウムなどの金属で出来たフレーム。多くのフレームはその線の細さからシャープな印象。
メガネ素材-メタルフレーム
べっ甲フレーム
海亀の甲羅から作られるフレーム。天然素材のため非常に価値があります。最近では手軽に楽しむためにセルフレームにカラーをのせた「べっ甲柄」もファッションメガネとして好まれています。
メガネ素材-べっ甲フレーム
バッファローホーンフレーム
水牛のツノから作られるフレーム。天然素材のため職人による手作りとなり、非常に価値があります。自然の風合いを楽しめる希少なフレームです。
メガネ素材-バッファローホーンフレーム
コンビフレーム
金属と非金属を組み合わせたフレーム。異なる質感であるためデザイン性が高く、ブロウ型のフレームデザインに良く使われています。
メガネ素材-コンビフレーム

枠のつくり

フルリムフレーム
レンズ周りがぐるりと一周フレームで固定されているタイプで、ベーシックデザインと言えます。
メガネ種類-フルリムフレーム
リムレスフレーム(縁なしフレーム)
レンズに直接穴を開けてテンプルなどに固定するタイプ。限りなく素顔に近いメガネを求める方に好まれ、スッキリとした印象となります。デメリットとして、レンズ淵がむき出しのためひび割れなどのダメージが起こりやすいです。
メガネ種類-リムレスフレーム
ハーフリムフレーム(ナイロール)
レンズ淵に溝を彫り透明なナイロンの糸でレンズを固定するタイプ。万が一糸が切れてしまっても最寄のメガネ屋さんで付け替えてくれます。
メガネ種類-ハーフリムフレーム
アンダーリム(逆ナイロール)
レンズ下部にフレームを用いたタイプ。リーディンググラス(老眼鏡)のデザインでしたが、最近ではファッション性の高いメガネとして一般的になりました。
メガネ種類-アンダーリムフレーム

フレーム部分を「リム」と呼びます。
覚え方として、リムが全てある【フルリム】、リムが無い【リムレス】、半分だけリムがある【ハーフリム】、その反対である下だけの【アンダーリム】というイメージですね。

フレームデザインの種類

メガネフレームデザインの種類

メガネのフレームには様々なデザインの種類があります。好みや顔型に合わせて選ぶ

オーバル型

フレームの種類-オーバル型
楕円型で一番オーソドックスなタイプ。顔型やヘアスタイル、老若男女問わず合わせやすいデザイン。
オススメブランド >>

ラウンド型

フレームの種類-ラウンド型
比較的真円に近い円形をしているタイプ。アメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドがかけていたことから、通称ロイドメガネと呼ぶことも。
オススメブランド >>

ボストン型

フレームの種類-ボストン型
少し丸みのある、上部が長い台形・または逆三角形タイプ。オーバルよりも少しシャープな印象があるので都会的なスタイル。
オススメブランド >>

スクエア型

フレームの種類-スクエア型
四角いスクエア型は知的な印象をもたらします。直線的なフレームの引き締め効果があるため丸顔の方にオススメ。
オススメブランド >>
999.9/マイキータ

 

ウェリントン型

フレームの種類-ウェリントン型
比較的正方形に近い形で、メガネの面積を大きく取るためクラシカルな印象。俳優ジョニー・デップが愛用したことで注目されているデザインです。
オススメブランド >>
999.9/ジャポニズム

 

ティアドロップ型

フレームの種類-ティアドロップ型2
涙の雫という意味合いのティアドロップ型はサングラスなどに良く見られ、レイバンのサングラスが代表的です。
オススメブランド >>

 

ブロウ型

フレームの種類-ブロウ型
フレーム上部にアクセントがあり、眉のように見えることから名が付いたデザイン。顔の印象を引き締めます。
オススメブランド >>
ジャポニズム/オリバーピープルズ

 

フォックス型

フレームの種類-フォックス型2
フレーム両端がつりあがったデザインでかなりファッショナブル。レッドやイエローなどのカラーフレームなどが人気。
オススメブランド >>

 

POINT最近では、ボストン型とウェリントン型の中間に位置するデザインとして【ボスリントン型】というデザインも目にします。ボストン型がより大きく正方形に近くなったタイプで、かけた際に小顔に見えることから若い世代を中心に人気を集めています。

フォーナインズ買取情報の関連記事

ブランド・商材コンテンツ一覧を見る

こんなお悩みの方におすすめ

店舗のご案内

東京・大阪での店頭買取にも対応

    1. ブランド買取
    2. フォーナインズ買取
    3. フォーナインズ買取の買取知識一覧
    4. メガネフレームの種類一覧
    1. ブランド買取
    2. ブランド品の買取知識
    3. メガネフレームの種類一覧
    1. ブランド買取
    2. メガネ買取
    3. メガネ買取の買取知識一覧
    4. メガネフレームの種類一覧