ロレックスの並行輸入品とは正規品と何が違うのか?

ロレックスの並行輸入品とは正規品と何が違うのか?


ロレックス
を買おうとネットショッピングをしていると、商品名に「並行輸入品」と記載されていたり、アマゾンなどでは一般販売ページとは別に【並行輸入品ストア】と区分けされているのを目にします。「並行輸入品」と「正規品」とはいったい何が違うのでしょうか?あまり知られていない、並行輸入品の世界について詳しく説明していきます。

正規品と並行輸入品との違いは「流通ルート」

「正規品」と「並行輸入品」と並んで目にすると、【正規品=ホンモノ】【並行輸入品=ニセモノ】と思っている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。実際のところ、両者の違いは流通ルートとなります。ロレックスの場合、すべての製品はスイスのジュネーブで生産されていて、その後海外正規代理店や日本ロレックスなどを経た上で購入するという流れになっています。(日本国内で購入する場合)もちろん、ルイヴィトンやシャネル、グッチ、オメガなどの海外ブランドでも概ねこのルートを通っております。
分かりやすいよう、図で説明いたしましょう。

上記図のように、 オレンジ色のルートが「正規輸入ルート」つまり【正規品】。
各国で生産された製品が直接日本の「国内直営店(正規代理店)」を通るため、安心して正規品が購入できるのです。

一方、茶色のルートは海外ブランドから海外直営店などを経由したあと、「並行輸入業者」を挟んで日本へ商品を運びます。この並行輸入業者とは、ブランドと直接販売契約を結んでいる業者もあればブランドと直製関係の無い業者であったり、はたまた個人であったりとその形態は様々です。そうして持ち込まれた製品は【並行輸入品】と呼ばれます。

おや?途中に怪しい悪魔のマークがありますね。その正体は【コピー商品】つまりニセモノです。

最近のコピー商品は精巧に作られており、ブランド知識が乏しい並行輸入業者ならばニセモノとわからず偽物業者から仕入れ・流通させてしまう為、このルートでコピー商品と呼ばれるものが混じる原因となっているのです。

また、明らかに正規の値段とかけ離れた価格で販売されている「激安ブランド品」・「スーパーコピー」とされているものはすべて偽物ですので、絶対に購入しないようにしましょう。

並行輸入品はニセモノではない

結論からいうと、「並行輸入品」=「全てニセモノ」ではありません。
基本的には信頼できる業者がしっかり流通ルートを確保し販売しています。
しかしながら残念なことに悪意のある業者が存在し、前述の通り「ニセモノ」が混じっている可能性が少しでもある ということです。

ここで不思議なのが「ニセモノが混じっている可能性があるのに、なぜ並行品でロレックスなどのブランド品を買うのか」ということ。それは、並行品ならではのメリットがあるからなんです。

ロレックスにおける並行輸入品のメリット・デメリット

並行輸入品と聞くだけで拒否反応を起こし敬遠している人もいるでしょう。それはちょっともったいないと思います。前述のとおり、輸入のルートが違うだけで品物は正規店のものと同じ製品なのです。並行品ならではの特徴を知り、理解した上で利用すればきっと賢い買い物ができますよ!

並行輸入品のメリット

まず挙げられるのは、日本未入荷のモデルが買えるということ。
また、販売価格についても海外直営店や国内直営店では「いくら」と定められていますが、並行輸入品に関しては自由度が高いため、取扱店の頑張りによっていくらか割引されている場合もあります。
例えば、為替の変動で外貨が安いときに買い付け、日本で売ることによって価格に差が生まれるのです。

【メリットまとめ】
・日本未入荷の限定モデルが見つかる
・販売価格が安い

並行輸入品のデメリット

ロレックスの正規品を日本国内で購入した場合、ケースの裏蓋部分に日本ロレックスのシールが貼ってあり、購入者の情報が記載された日本ロレックスのギャランティが後日郵送されてきます。
これらによって「正規店で購入した持ち主である」という証明になります。

しかしながら並行輸入品は国際保証書の内容が未記入(オープンギャランティ)のまま付いていることもあります。また、付属品が付いていないことも多くあります。業者によっては船や飛行機で製品を輸入する際のコストを下げるため、場所をとる元箱を外して製品のみで仕入れると言われていますのでご注意ください。
その他のデメリットとしてロレックスの人気モデルの場合、正規店で入荷待ちとなった場合市場価格の高騰により国内定価よりも高い価格で販売されることもあります。

最も気をつけるべきは販売店の信頼性

一番気をつけたいのが【販売店の信頼性】です。並行輸入が多く出回り、それを販売する方法も多様化してきました。小さな街のセレクトショップからネットショップ、大きなところでドン・キホーテや家電量販店でしょうか。

そこで重要なのが、販売店が信頼できるかどうかです。特に通販の場合は仕入先が不透明で、コピー商品と呼ばれる偽物を取り扱っている場合があるので注意が必要です。
これはショップ自体が偽物業者の場合と、ショップ側が偽物と知らずに仕入れた場合がある、ということです。信頼性のあるショップの場合、万が一手元に届いた製品が偽物だった際は返品を受け付けてくれ謝罪などのしっかりとした対応をしてくれる筈です。

対応がしっかりしていないショップや偽物業者の場合は返品を受け付けつけてくれないばかりか、連絡しても無視されたり、最悪所在不明のため問い合わせが出来ないなんてトラブルの事例もあります。
実際に手にとって見ることの出来ない通販は、より一層の注意が必要なのです。
こういった不誠実な業者が実際にいるため、並行輸入品=ニセモノといった認識が世間に広まっているのです。

デメリットまとめ
・保証書がオープンギャランティの場合あり
・付属品がついていない
・人気のモデルは価格が高騰する
・一番のデメリット【ニセモノ】に注意!

ドン・キホーテなどの販売店の信頼性について

全国展開のドン・キホーテさんは、並行輸入のブランド品を取り扱ってることで有名ですよね。
驚安の殿堂と謳っていることからブランドも激安?偽物じゃないの?と疑われがちですが、ちゃんと【偽造品や不正商品は一切ございません】と明示しています。

ドン・キホーテで取り扱っているブランド品について

並行輸入品でもロレックスの保証は受けられる?

基本的には並行輸入品でもアフターサービスを受けることは可能です。
保証書記載の無償期間内であればメーカー保障である内部の自然故障に関する修理が可能。その際、オープンギャランティの場合は販売日の記入がないと無償での対象にならないことがありますのでご注意を。(有償修理は可能です)

並行輸入品は売却時に不利?

ロレックスの時計は資産になるといわれています。
不要になった時計を売却する際に価値が下がりにくい稀有なブランドアイテムですので、正規品・並行輸入品であることに差があるのかどうか気になるところでしょう。結論を言うと差はありません。
どちらかというと、そのモデルの市場価格やコンディション、純正パーツであるかどうかなどを確認しますので、正規品・並行輸入品どちらであるかは重視しないのです。

並行輸入品と正規品の違いまとめ

・並行輸入品は販売ルートが違うだけで、製品としては正規品と同じとみても良い。
・レア・日本未入荷などのアイテムが手に入る。
・並行輸入品は正規品に比べて、為替の変動などの理由により価格が安い
・正規品なら当然付いてる、元箱や保証書が付いていない場合もあるので注意する。
・正規店で入荷待ちになっている人気モデルは並行輸入品だと高騰する
・ただし、並行輸入品を買う際は、偽物に騙されないよう販売元等に注意する。
・どちらもアフターサービスは受けられます
・売却の際には正規品・並行輸入品ともに価格の差はないので安心!

おすすめ記事