グッチの定番&人気ライン一覧|シェリーラインやGGなど

グッチの定番&人気ライン一覧|シェリーラインやGGなど

グッチ(GUCCI)について調べている方の中には

「グッチの定番ラインが知りたい」
「グッチには種類がいくつある?」
「モデルの特徴やストーリーが知りたい」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はグッチの定番ラインや人気モデルについてくわしくご紹介します。
本記事を読めば、グッチのラインについて一通り知識を得ることができるでしょう。

グッチ【GUCCI】とは

グッチ【GUCCI】とは

グッチは、グッチオ・グッチが1921年にイタリアで創業したファッションブランドです。

もともとは馬具製造工房として設立され、1923年にフィレンツェに進出した際、自らの名前を店名にしました。今でこそ、名前を店名に用いるブランドは多いですが、当時は斬新なことでした。

そのことからグッチはブランドの元祖ともよばれています。

近年では、グッチ一族の悲劇を描いた映画『House of Gucci』が話題になりました。栄枯盛衰をたどりながら今なお世界中の人々を魅了しつづけるハイブランド グッチ。

グッチはまさに伝統と歴史のある、世界最高のブランドといえるでしょう。

【グッチの歴史上重要な10人】映画化された成功と崩壊とは?

ブランドのラインとは|基礎知識

「ライン」とは、ブランドが展開する製品のグループのことをいいます。グッチでいうところの「GGキャンバス」や「GGスプリーム」がラインにあたります。
例えばGGキャンバスを用いたバッグや小物をグループにして、GGキャンバスのラインと表現します。

グッチ【GUCCI】最新ラインをピックアップ

ブルー GG キャンバス

ブルー GG キャンバス

グッチの「ブルー GG キャンバス」は、「Gucci Love Parade」と題した2022年春夏コレクションに登場しました。1970年代のアーカイブを復刻したデザインは、バッグや財布、シューズなどに展開されています。
グッチの代表的なパターンであるGGキャンバスがブルーになり、クールでクラシカルな印象があり、近年人気のオールドグッチファンにはたまらない最新ラインとなりました。

押さえておくべき4つの定番ライン

グッチの数あるラインの中でも、定番の人気ライン4つをご紹介します。

GGキャンバス|一目でグッチとわかる

GGキャンバス|一目でグッチとわかる

グッチといえば「GGキャンバス」です。
互い違いに向かい合ったGの文字がモノグラムで表現されたデザインは、発表から50年以上たった今でも世界中から愛されています。
GGキャンバスの特徴はレザーではなくキャンバス素材であるということ。そのため、肌触りがやわらかく、ジャガード織の光沢感が独特の高級感を出しています。

GGマーモント|大人女子の憧れ

GGマーモント|大人女子の憧れ

GGマーモントは、キルティング生地に「G」が重なったゴールドのロゴが印象的なラインです。どこかレトロでクールな雰囲気があり、大人女子が憧れるデザインとなっています。デザインのルーツは1970年代のオールドグッチで、ベルトのバックルから着想を経てリデザインされました。

グッチシマ|最上のグッチ

グッチシマ|最上のグッチ

グッチシマは2005年に誕生した「最上のグッチ」を表現したラインです。現在は「GGシグネチャー」と呼ばれています。
グッチシマの「シマ」はイタリア語で「最上の」を意味し、その最上と評されている部分が厳選された最高品質のカーフレザーです。さらにイタリアの伝統の職人技術で施されたGGマークのエンボス加工(浮き出し加工)は、グッチにしか出せないシックでありながら高級感が光るラインです。

オフィディア|オールドグッチ感×現代

オフィディア|オールドグッチ感×現代

オフィディアは2018年に登場したGGパターンとシェリーラインを融合したデザインが特徴のラインです。グッチの代表的なデザインが詰まったアイコニックなラインで、ショルダーバッグやトートバッグが人気を集めています。オールドグッチの雰囲気を感じるクラシカルなデザインはどんなコーディネートにも合わせやすく、幅広い世代におすすめです。

グッチ【GUCCI】のライン一覧をご紹介

シェリーライン(ウェブライン)

シェリーライン

シェリーラインは「緑・赤・緑」または「青・赤・青」のストライプ柄を指します。別名「ウェブライン」や「リボンライン」ともいい、馬具の腹帯からインスピレーションを受けデザインされました。

GGスプリーム

GGスプリーム

GGスプリームは、GGキャンバスにポリウレタン加工を施し耐久性をアップさせたラインです。以前は「GGプラス」と呼ばれており、「GGキャンバスは好きだけど、汚れや傷に弱いしお手入れが難しい」という悩みを解決したラインです。

GGブルームス

GGブルームス

GGブルームスは、ポリウレタン加工されたGGキャンバスに、ゼラニウムの花をプリントした華やかなラインです。2015年にアレッサンドロ・ミケーレが新しいクリエイティブディレクターに着任後、最初に発表されたコレクションです。

マイクロGG

マイクロGG

マイクロGGは、GGキャンバスのGが小さくデザインされたラインです。1970年代のオールドグッチに採用されたデザインで、キュートなイメージが人気となっています。

GGサイケデリック

GGサイケデリック

GGサイケデリックは、1970年代のサイケデリックブームにインスピレーションを受けて制作されたラインです。GGパターンを色とりどりのネオンカラーで表現し、ジャージー素材のウェアやバッグが展開されました。

GGクリスタル

GGクリスタル

GGクリスタルは、GGキャンバスをビニールでコーティングしたラインです。ほどよい光沢感がドレッシーな雰囲気を演出してくれます。さらに水や汚れに強く、軽くて丈夫なためショッピングから旅行まで幅広く使用できます。

GGリボン

GGリボン

GGリボンは、ゴールドのダブルGロゴとグログランリボンが可愛いラインです。実はこのラインは【日本限定モデル】のため、海外コレクターからも人気を集めるコレクションとなっています。

ミスGG

ミスGG

ミスGGは、GGキャンバスとインターロッキングGが合わさった気品あふれるラインです。インターロッキングGとは2つのGが向き合って重なり合ったアイコンのことを指します。女性デザイナーのフリーダ・ジャンニーニが手がけました。

GGインプリメ

GGインプリメ

GGインプリメは、ポリ塩化ビニール加工を施されたGGキャンバスが特徴のラインです。黒地のアイテムが多く、角度によってGGパターンの光沢が変化します。主張しすぎず高級感があるため男性の愛用者が多いラインです。

プリンシー

プリンシー

プリンシーは愛らしいリボンが特徴のラインです。シェリーラインやレザーで作られたリボンは、グッチのアイテムにフェミニンさを与えてくれます。現在は生産終了となっています。

オールドグッチ

オールドグッチ

オールドグッチは正式なラインの名称ではありませんが、1970年代から1980年代に発売されたアイテムのことを指します。クラシカルでレトロなデザインが高い人気をよび、現代でも根強いファンが存在します。

オールドグッチの魅力と人気の理由

クーリエ

クーリエ

クーリエは、GGスプリームに刺繍のアップリケを施した遊び心あふれるラインです。「クーリエ」とは、フランス語から英語に入った言葉で「飛脚」を意味します。楽しい旅行の相棒にクーリエのアイテムはぴったりですね。

アビー

アビー

アビーは、GGキャンバスの中央部に取り付けられたD型リングとリベット金具が特徴のラインです。ワンショルダーバッグや斜めがけショルダーバッグ、トートバッグなどがあります。

グッチプラス

グッチプラス

グッチプラスは、GGキャンバスにポリ塩化ビニール加工を施したラインです。GGスプリーム(旧GGプラス)とよく似ていますが、こちらのラインの場合はGGマークの中心に「PLUS」の文字が記されています。現在は廃盤となっています。

グッチ100

グッチ100

グッチ100は、グッチの創設100周年を祝って発表されたラインです。グッチとポップカルチャーである音楽が融合したデザインは、華やかで個性に溢れています。音楽ジャンルごとにコーディネートパターンが異なっているのも見どころです。

ディアマンテ

ディアマンテ

ディアマンテは、GGパターンの原型となったグッチ初のオリジナルパターンです。小さなひし形模様が連続して織りなすダイヤモンド柄は、素材の強度を高めるために考案されました。

バンブー

バンブー

バンブーは、ハンドル部分に竹を用いたグッチを象徴するラインです。1947年に誕生したバンブーラインはレトロで斬新なビジュアルが人気を呼び70年以上たった今でも世界中のファンから愛されています。

グッチの歴史あるバンブーバッグが今も人気の理由

フローラ

フローラ

フローラは、季節の草花や蝶・トンボなどの昆虫を組み合わせた色鮮やかなプリントが特徴のラインです。1966年にモナコ公国妃グレース・ケリーのために特別に制作された物ですが爆発的人気により、現在ではグッチのアイコン的コレクションとなっています。

ゴースト

ゴースト

ゴーストは、アレッサンドロ・ミケーレとストリートアーティストであるトラブル・アンドリューのコラボラインです。パンキッシュでおちゃめなテイストのイラストが魅力的です。

ヴィアッジョ

ヴィアッジョ

グッチのヴィアッジョコレクションは、ハイテク樹脂素材を使用し、耐久性・実用性・デザイン性すべてを具現化したラインです。ブラックを基調としたスタイリッシュなデザインが特徴でラゲージやブリーフケースが展開されています。

スーキー

スーキー

スーキーは大きなインターロッキングGのタグが特徴的なラインです。GGキャンバスやグッチシマなどのバッグにアクセントとしてインターロッキングGを組合せるのが人気です。バッグ以外に財布でも人気を集めているラインです。

ブリー

ブリー

ブリーは、アイテムの角やフチをレザー素材で覆ったデザインが特徴のラインです。例えばGGキャンバスバッグの角をコントラストカラーのレザーに、グッチシマの切り替え部分をマイクログッチで覆うなど、定番アイテムをスタイリッシュに変化させたラインです。

ジャッキー

ジャッキー

ジャッキーは、1961年に登場した「ジャッキー金具」が特徴のラインです。ジャッキー金具とは、丸みを帯びた薬莢(やっきょう)のような形の金具のことを指します。この金具を用いたバッグを、ジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領の妻、ジャクリーヌが愛用していたことから「ジャッキー」の愛称がつきました。

ジャッキー 1961

ジャッキー 1961

ジャッキー 1961は、グッチのアイコンバッグ「ジャッキー」を時代にフィットしたデザインに再解釈したラインです。アレッサンドロ・ミケーレが手がけたこのラインは、オン・オフどちらでも活躍するバイカラーバッグなども登場しました。

シルヴィ

シルヴィ

シルヴィは、シェリーラインにゴールドのチェーンバックルが融合した華やかなデザインが特徴のラインです。ショルダーバッグやお財布はサイズバリエーションがあり、ストラップも気分に合わせてお好みのデザインに切り替え可能です。

シルヴィ1969

シルヴィ1969

シルヴィ1969は、シルヴィの特徴的なゴールドのチェーンバックルはそのままに、細くして華奢な印象に仕上げたラインです。現代版として生み出されたシルヴィ1969ですが、その着想はアーカイブデザインから得られているというのも興味深いですね。

ホースビット

ホースビット

ホースビットは、馬具の轡(くつわ)がモチーフのゴールドアイコンが特徴のラインです。グッチはもともと馬具製造工房だったので、ホースビットはグッチのルーツを象徴するラインともいえます。

ホースビット1955

ホースビット1955

ホースビット1955は、1950年代に人気を博した「ホースビット」を現代的にアレンジしたラインです。アレッサンドロ・ミケーレが2020年のクルーズコレクションで発表し話題となりました。

グッチニース

グッチニース

グッチニースは、南フランスのリゾート地からインスピレーションを受け制作された、気取らないカジュアルさが魅力のラインです。グッチニースの特徴は馬具の手綱さながらの「1、2、3」と番号がふられたレザーベルト。バッグや財布のアクセントとなっています。

ラジャ

ラジャ

ラジャはタイガーヘッドアイコンが特徴のラインです。オーストリア出身の伝説的ジュエリーデザイナー、ハッティ・カーネギーから刺激を受け制作されました。

ココ・キャピタン

ココ・キャピタン

ココ・キャピタンとは、スペイン出身のアーティスト「ココ・キャピタン」とグッチのCD「アレッサンドロ・ミケーレ」がコラボしたラインです。特徴的な落書きのような手書きのメッセージは強烈なインパクトがあります。

ディズニー

ディズニー

誰もが知るディズニーとのコラボレーションラインがです。2020年に発売されたこちらのラインは、干支の「子(ね)」にちなんで実現しました。アイテムはバッグやウェア、シューズなど多岐にわたります。

ソーホー

ソーホー

ソーホーは、全面にエンボス加工されたインターロッキングGが特徴的なラインです。上質なソフトカーフレザーが使用されたバッグや財布に、同素材で作られたタッセルが可愛らしく揺れます。

まとめ

グッチのラインについてご紹介しました。
最新ラインから定番ラインまで一覧をお伝えしましたがいかがでしたか?種類の多さに圧倒されたのではないでしょうか。

1つ1つのラインに歴史や物語が存在するので、今後グッチのアイテムを見かけたときには、またひとつ違った印象に見えるのではないかと思います。

本記事が、グッチのラインを知りたい方のご参考になれば幸いです。

そのグッチ(gucci)本物?プロが教える偽物・コピー品の見分け方

おすすめ記事