今が売り時!金の買取で知っておくべきこと|相場価格・買取店の選び方・注意点や必要な物

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました

近年、金の価格が40年ぶりに高騰しており売り手にとって絶好のチャンス到来といえます。
ですが、売却時に知っておくべき情報を知らなかったり買取店選びを間違えるとかえって損する可能性があります。

今回はそんな金を損せず、高値で売却するために知っておくべき情報をまとめました。
ぜひご参考ください。

金の種類と特徴

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
金の呼び方で「K18」や「18金」などを見聞きしたことはありませんか?
その呼び方の意味は、一つのアイテムに対して金が含まれている量=金の純度が表されています。
例えば、一つの品物に対して75%の他金属を混ぜられている物は「18金」と呼ばれます。
その中でも最も価値のある金が、一つの品物に対して金がほぼ100%の物を「純金」と呼ばれています。

ユーザーアイコン

純金が一番価値がるならそのままにしておいた方がいいじゃないの?
どうして他の金属を混ぜてしまうの?

その答えは、金には熱に弱く硬度が低い性質があるため、細かい加工を必要とするアクセサリー等の成形がむずかしいためです。
その性質を克服するために他の金属と混ぜて硬度の高めているのです。
他にも、色味のある金属を混ぜることによりピンクゴールドやホワイトゴールドなどカラーバリエーションを増やせる利点もあります。

では金の種類がなぜあるのか分かったところで、よく聞くK24・K18・K14・K10の特徴を解説していきましょう。

24K・24金(純度99.9%~100%)

ほぼ純度100%のため金として一番価値があります。
使用には金属としては柔らかすぎるため、インゴット(金塊)やコインなど資産価値を目的として用いられます。

使用用途:インゴット(金塊)・コイン

18K・18金(純度75%)

純度75%でゴールドの輝きを保ちつつ、硬度も高いためアクセサリーによく使用されています。
また、純度が高いためアレルギー反応も起きにくい利点もあります。
カラーバリエーションが豊富なため多くのアイテムに使用されています。

使用用途:アクセサリー・時計・スマートホンのケース・ライターなど

K14・14金(純度58%)

純度58%と含有率が低くなるため、加える金属により耐久面が強くなる一方で輝きは弱く、変色する可能性があります。
しかし、金の割合が少ないため比較的低価格のモノが多く手に入れやすいという利点があります。
一般的に一番広く流通しているといってもいいでしょう。

使用用途:アクセサリー・万年筆・楽器など

K10・10金(純度42%)

純度42%と金よりも他の金属が多く配合されているため、手に入りやすい価格帯で気軽に装着できる利点があります。
また強度がより増しているため、変形しがちなアクセサリーにとって最適な素材といえます。
ただ純度が下がるためアレルギー反応がでやすいという弱点もあります。

使用用途:アクセサリーなど

プラチナと金の違い

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
「金 買取」で検索してみると「金・プラチナ買取ります!」とまとめて表記している買取店が多く存在します。

ユーザーアイコン

金と同じ扱いがされているし金の一種なの?

と思ってしまいますが、実際はプラチナと金は全く異なる物質です。

プラチナの特徴

プラチナと金・特にホワイトゴールドは双方とも白く美しい輝きもつため混同されやすいですが、実際にはプラチナにしかない特徴があります。
プラチナとは、”レアメタル”と呼ばれる希少金属で耐熱性があるため、熱に弱い金と比較すると変形しにくく傷つきにくい利点を持っています。
使用用途はアクセサリー以外に工業用として使われることも多く、車の部品やコンピュータのハードディスク・医療の場で活躍するペースメーカーなど幅広く活用できることから「未来の貴金属」と呼ばれるほどです。

買取店ではプラチナと金が「同じ貴金属」「希少性が高い」「高値で売買が行われている」などの共通点が多いため、まとめて表記している所が多くあるようです。

金の種類の調べ方

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
ここまで金の種類について解説しましたが「手元にある金はどの種類なんだろう?」と気になる方もおられるのではないでしょうか。

金の種類を実際に調べるには、金属の専門業者が取り扱うようなX線で判別する機械を持ち寄れば可能ですが、個人では手に届きにくい高額品のため現実的に難しいでしょう。
そこで、一般の方でも簡単に調べられる方法を3つご紹介します。

刻印を確認する

刻印を確認する方法は3つの中で最も簡単な方法です。

例えば、18金で構成されているモノなら「K18」という刻印があります。
さらにカラーゴールドの場合は「WG(ホワイトゴールド)」「PG(ピンクゴールド)」という刻印も追加されます。
18金のホワイトゴールドなら「K18WG」となります。

刻印には貴金属の情報とともに偽物ではないことの証明を表します。
刻印がなかった場合や刻印が薄れて読み取れない場合は別の鑑定方法を行う必要があります。

比重を測定する

金の比重を測り純度を調べる方法です。
家庭でもあるキッチンスケールで調べることができるので比較的カンタンです。

【用意するもの】
・キッチンスケール(ゼロ機能があるもの)
・計量カップ(深さがあり軽いモノ容器なら何でもOK)
【手順】
①調べたい金製品の重さをキッチンスケールで測る。(=Aという値に仮定)
②金製品を下ろし、水を入れた計量カップをキッチンスケールに乗せ、表示を「0」にする。
③金製品を入れ重さを測定します。(=Bという値に仮定)
④A÷B=測定した金製品比重(=Cという値に仮定)となります。
Cの結果が下記の範囲に該当するかどうかで判断します。

K24→19.3
K20→16~17
K18→15~16
K14→13~14.5
K10→11.5~13

注意POINT ・③の測定時に金製品が水中に完全に浸かり、また浮いた状態にすることが必要になります。その時側面・底辺に金製品が接触してはいけません。そのため測定する時には装置作成・セッティング後②の作業を行いましょう。

・この測定方法に適さないアイテムは行わないようにしましょう。
例:水分に弱い宝石が装飾されている・サイズが大きすぎてカップに入りきらない

買取業者に持ち込む

上記2つの方法をご紹介しましたが、刻印が消えてしまっていたり測定の経験がない人が判別するのは難易度が高く、また今では金の偽物が流通しており素人目で判別するのは難しいといえるでしょう。
はっきりとした金の純度・種類や偽物かどうか調べるには、やはりプロに鑑定してもらうのが一番確実です。

お店よっては専用機器での鑑定も可能です。
鑑定後、買取のみキャンセルすることもできるので、確実な鑑定を行ってもらうのも有効な手だといえるでしょう。

金の相場価格の決め方

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
金の価格は一般に販売されている商品と、違い日々変動しています。

ユーザーアイコン

どうして金の価格は日によって変わるの?

その答えは金の相場価格は、日本だけではなく世界経済・情勢など様々な要因が影響するからです。
その要因を大きく分けて5つ分けて解説していきましょう。

【要因1】需要と供給のバランス

一般的な商品の場合、価格は買いたいと希望する「需要」と販売側の売りたい・提供したい「供給」から成り立っています。
需要が供給を上回ると価格が高まり、供給が需要を上回ると価格が下がります。
金にはさらに「他の商品と違い、金は24時間・世界各国で取引されている」という特性が追加されます。
そのため取引する時間や国によって価値が変わることがないように、取引する人たち全てが公平に取引ができるシステムになっているのです。

【要因2】米ドルの価値の変化

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
日本円やユーロなど様々な通貨は存在しますが、その中で米ドルは最も信頼性が高い基軸通貨(きじくつうか)とされています。
世界各国の中央銀行が万が一の事態に備えて保有している外貨はほぼ米ドルです。(外貨準備と呼ばれます)
そんな信頼性が高い米ドルでも様々な要因で価値が下がるリスクがあるため、各国の中央銀行は米ドル以外に、そのモノ自体に価値がある無国籍通貨の金も同時に保有しているのです。つまり金には通貨にもなり得るもう一つの顔があるのです。

一般的に米ドルの価格が低い場合=金価格が上がる、米ドルの価格が高い場合=金価格が下がると言われています。
また米ドルの価値も通過の供給量によって変化するなど、米ドルの価値も様々な要因で変化しています。
他にも金価格は米国の金利にも影響しており、金利の低下=金価格が上がる、金利の上昇=金価格が下がる要因があります。

【要因3】地政学リスクの変化

地政学リスクとは、各国や地域によって政治・経済が不透明になることです。
例えば、2009年10月頃に経済破綻によって問題になった「ギリシャ危機」も地政学リスクに当てはまるでしょう。
国の経済破綻・テロや戦争・大企業の倒産などの要因により地政学リスクが高くなると、通貨そのものの価値が危ぶまれ、物自体に価値がある金に価値が高まるという流れになるのです。

【要因4】インフレとデフレ

インフレとは、モノの価格が上がり続ける状態のことを指します。インフレが起こると通貨の価値が下がり、実物資産の金の価値が高まります。
そのため、インフレが起こりそうな恐れがある場合、そのモノ自体に価値ある金が買われるようなり価格が上がります。
また、インフレと反対でモノの価値が下がり続ける状態のデフレに対しても金は強いという特徴があります。
デフレの状況となると景気が悪化し、企業や国家への不安から株や債権の価値が下がります。ですが、そんな心配のない金には実物資産金の価値は高まるのです。

【要因5】各国中央銀行の売買動向

各国中央銀行は、万が一の事態に備え外貨準備を行っており、金を大量に保有しています。
昔は売り手側にいた中央銀行ですが、2008年9月に起こった米リーマン・ショックを機に米ドルの信頼がゆらぎ、実物資産の金の買い手に変わったのです。
また、日欧米などの先進国に対し、現在の経済水準はまだ低いものの、高い成長性を秘めた新興国(しんこうこく)の中央銀行が積極的に金を購入し始めたことも一つの要因となります。

金の相場価格の確認方法

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
ユーザーアイコン

色々な要因で価格が変わってしまうのは分かったけど、今日の金の相場価格を調べることはできるの?

実は自分で今日の金の相場価格を調べるのはとても簡単です。
ネットで下記大手貴金属メーカーサイトより、本日の金の価格と金の価格の動きをグラフ化した「チャート」と呼ばれるモノが公表されているのでチェックしてみましょう。

ビープライスの金買取相場はこちら

金 買取

ビープライスの金買取相場はここをチェック!

金買取出す時の注意ポイント

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
金について解説してきましたが、金の知識とは別に買取に出す時に注意しておくべきポイントがあります。
後から知って損してた!なんてことにならないようにぜひ買取に出す前にチェックしてくださいね。

買取前にしておくべきセルフチェック3つ

1.金の種類と重さ

金の種類と重さは必ずチェックしておきましょう。(種類が分からない時は重さだけでもOK)
知っておけば自身で相場を確認し、大方の買取額を計算することができます。

特に対面式ではない「宅配買取」ではバイヤーが鑑定しているところは見れません。
貴重な金を自分で守れるよう事前に備えておきましょう。

2.相場を確認

買取相場価格は全国共通です。
相場が分かっていないと、不正な査定を行われていても気付くこともできません。
自分が損をしないために、売る側も事前準備が大切です。

3.付属品の有無

鑑定書や付属品があるアイテムの場合は付属品も忘れず一緒に査定に出しましょう。
現在流通している金の偽物はプロでも見分けるのが難しいため、鑑定書などがあると正規品である証明になり、さらに査定時間の短縮されスムーズに鑑定ができるでしょう。

POINT

鑑定書をなくしてしまった!
という方ご安心ください。
ビープライスでは熟練した実績ある鑑定士が査定を行うため、鑑定書や付属品がなくても適正価格で買取いたします。
分からない、心配事などございましたら下記よりお気軽にご相談ください。

買取価格の目安がわかるLINE査定

金のご相談はこちら

身近にあるかも!金の買取OKアイテム

あなたは金の買取してもらえるアイテムって何を思い浮かべますか?

ユーザーアイコン

インゴットや金のコインかしら?

もちろん上記アイテムも買取できますが、その他にも近くにある物が金の買取対象のアイテムかもしれません。
お家にある物をチェックしてみてくださいね。

意外に知らない、金買取アイテム

・片方だけのピアスやキャッチなどの部品
・メガネフレーム
・破損している指輪
・宝石などの装飾がある指輪
・時計のベルトの部分
・ベルトのバックル部分
・切れてしまったネックレスチェーン
・金歯
・仏具
・ブローチ

金売却に必要な買取店の知識

ここで金を買取店に出す時に知っておくべきことをお伝えしましょう。

金の買取価格は相場価格とは異なる

実は金の相場価格=買取価格ではありません。

ユーザーアイコン

え!?金の相場が決まっているし、どのお店でも買取価格は一緒じゃないの?

そう思われる方も多くいらっしゃいますが、実は金の買取額はお店によって大きく変わります。

実際に買取を行う場合、下記の計算式にて買取額が算出されます。

相場価格×金の質量×純度-買取業者の手数料=買取価格

式の中にある「買取業者の手数料」というのがポイントになります。
この「買取業者の手数料」の内訳には、買取する商品の種類によって異なります。
買取した状態そのままを再販するのが難しい商品の場合、一度金を溶解し再加工する必要があります。
その時にわずかに量が減ってしまう分(目減り分)を手数料として約1~2%を目安に引かれます。

ただ買取店では自社で溶解→再加工を行うところは少なく、さらに再加工が必要のない物にも目減り分として差し引く買取店はオススメはできません。
買取店で手数料が必要と言われた場合「何に対する手数料なのか」確認しましょう。

買取店で金の買取時に必要な物

金の売買を成立する際には本人確認が必要となります。
個人の場合、「1点で確認がとれる書類」「2点以上の提出で確認がとれる書類」「補完のため求められる書類」があるので買取店行く時には必ず持っていきましょう。
また法人の場合200万円超の取引の際には、他に必要となる書類があるので合わせてチェックしておきましょう。
判断がつかない場合は事前に買取店に問い合わせておくとスムーズに手続きを進めることができます。

個人【1点で確認可能な書類】

運転免許証
マイナンバーカード
パスポート
住民基本台帳カード
運転経歴証明書
乗員手帳
在留カード
特別永住者証明書

個人【2点以上で確認可能な書類】

国民健康保険証
健康保険証
後期高齢者医療被保険証
介護保険被保険証
共済組合員証
共済制度加入者証
国民年金手帳
児童扶養手当証書
母子健康手帳

個人【補完書類として求められる可能性がある書類】

住民票
戸籍謄本
印鑑登録証明書
国税・地方税の領収書
納税証明書
社会保険料の領収書
公共料金の領収書(電気・ガス・水道)

法人の場合

法人で金の買取を行う場合、代表者の本人確認書類の他に下記が必要となります。
また書類の有効期限が定められており、どちらも6ヶ月以内とされています。

・登記簿謄本
・印鑑登録証明書

200万円以上の取引の場合

金や地金などの買い取り額が200万円を超える場合、買取店は支払調書という書類を税務署に提出する義務があります。
提出する支払調書には売却した人の情報を記入する必要があり、その中には「個人番号(マイナンバー)」が必須項目のため、「個人番号カード」または「通知カード」をが必要となります。

金を高値で売る!買取店の探し方

今が売り時の金を高く売ろう|相場価格から種類まで知って得する金の情報まとめました
買取店といってもそれぞれ得意とするブランドやアイテム、査定方法などに違いがあります。
同じ商品を別々の買取店に出した場合、商品に対する知識が多い店と少ない店では、知識が多い店の方が正当な評価を行い高値で売却できる傾向にあります。
このように事前に買取店を調べておくことによって、自分の買取希望額に近づけることは可能です。
チェックするポイントを細かく分けると調べるだけで時間を要してしまうので、下記4つは最低チェックしておきましょう。

1.買取実績があるか

信頼できる鑑定士がいるかどうか判断するには買取実績をチェックしてみましょう。
買取実績が多く掲載されているということは、取引が安全に行われている・納得できる価格で買取している・実績のある鑑定士がいるという証明になるからです。
他には実際に買取した人の口コミが掲載されているサイトがあるので、そこを参考にするのもいいでしょう。

2.手数料の有無

手数料は買取店によって異なります。
上記でも解説したように、金の目減り分を手数料として差し引いたり、鑑定料として手数料を請求される場合があります。
買取額に大きく影響する手数料については適切なものなのか、どれくらいの手数料がかかるのか、などしっかり調べておきましょう。

3.自分に合ったお店選び

金という高価なモノを売却する時は、より高値で売却できるよう買取店の姿勢やスタッフの対応は見ておくべきポイントです。
店側はそつもりはなくても、金の買取知識が少ないため売る側に損をさせてしまうケースは少なからずあります。
そんな事態にならないためにも、下記の項目をチェックしてお店選びましょう。

チェックPOINT

・買取実績の有無と内容
・アクセサリーの場合、金以外(デザイン性など)も評価してくれるか
・店頭や問い合わせの対応の雰囲気
・自分にあった買取方法があるか

4.買取店は比較する

金の買取に不慣れな場合、査定結果が適正かどうか分からないですよね。
その分からない部分を埋めるために、また少しでも高く買取ってもらえるよう複数の買取店で査定してもらうことをオススメします。
お店の独自システムや手数料などの要因で大きく査定額に差がつくこともあるので、一つのお店だけで判断するのではなく、広い視野で自分有利の買取を目指しましょう。

まとめ

今回は金の基本の知識から高価買取のコツまで、金を売る時に知っておきたい情報をご紹介しました。
金の買取は売る側の知識が少ないと損してしまう可能性があります。
大事なポイントをおさえて、満足いく金の買取をおこないましょう。

ライン査定

カルティエ買取情報の関連記事

ブランド・商材コンテンツ一覧を見る

こんなお悩みの方におすすめ

店舗のご案内

東京・大阪での店頭買取にも対応

    1. ブランド買取
    2. カルティエ買取
    3. カルティエ買取の買取知識一覧
    4. 今が売り時!金の買取で知っておくべきこと|相場価格・買取店の選び方・注意点や必要な物
    1. ブランド買取
    2. ブランド品の買取知識
    3. 今が売り時!金の買取で知っておくべきこと|相場価格・買取店の選び方・注意点や必要な物
    1. ブランド買取
    2. 金プラチナ(貴金属)
    3. 金プラチナ(貴金属)の買取知識一覧
    4. 今が売り時!金の買取で知っておくべきこと|相場価格・買取店の選び方・注意点や必要な物