最新ヴィトンにはシリアルナンバーがない!RFID導入で買取に影響はあるのか?

最新ヴィトンにはシリアルナンバーがない!RFID導入で買取に影響はあるのか?

2021年頃からシリアルナンバーがない ルイヴィトン製品が流通し始めました。ルイヴィトンのシリアルといえばアルファベットと数字から製造年や製造国を読み取ることができ、これまでバッグや財布には一部例外を除き必ずあるものとされ、無ければ偽物とまで言われていたものです。
それが近年、ブティックで購入した物なのにシリアルナンバーが見つからないとニュースになっています。

ルイヴィトンのシリアルは埋め込みチップRFIDに変更

ルイヴィトンのシリアルは、製品自体に「見てわかるシリアルの刻印」ではなく埋め込み型のICチップが内蔵されることになりました。チップ内の情報は公開されておりませんが、おそらく製造年や製造工場といったブティックがカスタマーサービスを提供するのに必要な情報が入っていると予想されます。

RFIDタグとは埋め込み型のチップ

RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数センチメートル~数メートル)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

スマートフォンアプリなどでRFIDを読み取ることは可能ですが、暗号化されていることから現時点で解読は不可能とされています。私たちがわかるのは「RFIDの有無」だけです。

RFIDタグはどこにあるのか

ビープライスでもRFID読み取りアプリをインストールしてどこにチップが埋め込まれているのか調査したところ、肉眼ではわからず触ってもチップの場所はわからなかったため、チップは生地の中に埋め込まれていると感じました。

読み取り方についても、かなりの至近距離でスマホの裏側上部を当てないと読み込めず、アイテムによってはかなり難しいと感じました。

またチップの位置についても既存のシリアル刻印があった場所にあるとは限リませんでした。財布やキーケースといった小物は既存の位置に近い場所でRFIDタグの反応がありましたが、バッグなどは別の場所で反応したものがありました。今後流通が増えるにつれて位置や内容の調査が進んでいくことと思います。

ルイヴィトンシリアルナンバーの位置と読み方

ルイヴィトン正規店にRFIDタグについて聞いたみた

ブティックに立ち寄った際にRFIDタグについて聞いてみたところ、ICチップの位置や有無について「お客様にお伝えするものではないです」として詳しくは教えていただけませんでした。ただ、今期モデルからICチップのタグに変わっていることと、スマートフォンアプリでのRFIDの読み取りは推奨していない為読み取りが出来ないこともあると教えていただきました。

また、手持ちのルイヴィトン製品について聞く場合はブティックで購入した証明書・レシートが無いと殆ど教えてくれないのでご注意ください。

買取業界では今後どうなるのか?

買取業界では現状シリアルがないお品物でも買取は可能です。私たちプロのバイヤーは素材の質感・匂い・縫製・金具・ロゴ・刻印などといった「正規品と模造品との微細な違い」をこれまで蓄積してきたデータベースと照らし合わせて見極めているため、これまでと同じように買取が可能となっています。

逆にいうと経験の浅いバイヤーが在籍している買取店やノウハウのない買取店はルイヴィトンの買取に慎重になるため買取価格が安くなってしまうことが考えられます。

近年スーパーコピーと呼ばれる本物と見間違うほど精巧な作りの偽物が出回ってきたように、今後10年ほどでRFIDタグを入れ込んだ偽物も出回るようになるかもしれません。「RFIDタグがある=本物」とはいかないでしょう。

今後買取価格の変化はあるのか?

買取の可否についてはこれまでと変わりありませんが、製造年についてはシリアルから判別するのが一般的でした。
これまで同じ使い込み具合のアイテムであっても「2019年製」と「2010年製」では前者の方が高めに買取価格を出せていた場面も多くありましたが、今後は年数に関する判断基準が不明確になることにより、これまで以上に「ダメージの有無」が買取価格に影響してくることが考えられます。

せっかく買ったルイヴィトンだからこそたくさん使いたいもの。けれど沢山使えば使うほど売却時に買取価格が下がってしまうのは残念です。購入から日が浅いのに沢山使ったために「10年以上前の製品」などとして本来の年数より古いものと判断されてしまうのは嫌ですよね。

今後はレシートの保管が推奨される可能性

売却の際には「購入時のレシート」といった購入時期がわかる証明書となるものがある場合買取価格がアップとなる可能性があります。
これはコピーなどではなく原本でないと意味がありません。

買い取りができなくなることはありませんが、少しでも高く売却したいと考える方は是非レシートを一緒に保管しておくことをおすすめします。

おすすめ記事