【ルイヴィトンのボストンバッグ】旅行や普段使いにオススメ8サイズ

【ルイヴィトンのボストンバッグ】旅行や普段使いにオススメ8サイズ

世界的に有名なブランドであるルイヴィトンですが、ボストンバッグは特に人気です。

「ルイヴィトンのボストンバッグの魅力を知りたい」
「ルイヴィトンの旅行向けのボストンバッグのサイズはどれ?」
「ルイヴィトンのボストンバッグのサイズの選び方を知りたい」

今回は、このような方向けの記事となっています。

旅行のスタイルや普段持ち運ぶものによっても、必要なサイズは変わってきますよね。ぜひあなたにピッタリのサイズを見つけてみてください。

ルイヴィトンのボストンバッグが魅力的な理由

まずは、ルイヴィトンのボストンバッグの魅力についてご紹介します。

旅行かばん専門店としてスタート

ルイヴィトンは創始者であるルイ・ヴィトンによって、旅行かばん専門店としてフランスのパリでスタートしました。

創業当時のヨーロッパでは、蒸気機関車の登場によって貴族だけでなく一般人にも旅行が広まっていました。

長年トランク職人として経験を積んだ後に独立したルイ・ヴィトンは、平積みできる実用性の高いトランクを生み出し、高く評価されます。

その後も、ルイヴィトンは高品質で時代を先取りしたバッグを生み出し続けました。

今ではさまざまなファッションアイテムやジュエリーなども展開しているブランドですが、ルイヴィトンの原点はバッグだったのです。

耐久性が高い

たくさんの荷物を入れるボストンバッグは耐久性が気になりますよね。ルイヴィトンのボストンバッグには、耐久性が高い素材が採用されています。

素材はシリーズによって異なりますが、上質な本革や水に強い加工がされたキャンバス素材などです。

豊富なバリエーション

ルイヴィトンのボストンバッグは豊富なカラーやサイズ、シリーズから選ぶことができます。

モノグラム、ダミエ、エピなど人気の定番シリーズだけでなく、遊び心のあるカラフルな柄など多くのデザインがあります。

ルイヴィトンのライン&素材一覧早見表

人気の2サイズ|ルイヴィトンのボストンバッグ

ルイヴィトンのボストンバッグには多くのサイズ展開がありますが、大きく分けると「スピーディ」と「キーポル」と呼ばれる2つのサイズが人気です。

コンパクトな「スピーディ」

スピーディは日常的に使えるコンパクトサイズのボストンバッグです。「エクスプレス」という名称のデザインをもとにして作られました。

コンパクトながらしっかりと収納が可能なので、普段から荷物が多めの方にオススメのボストンバッグです。

収納力抜群の「キーポル」

収納力抜群のキーポル(Keep all)は名前のとおりすべて収納するという意味です。

キーポルは、フランス語で「すべて収納する」という意味である「Tientout」というシリーズから名前を変えて登場しました。

ダブルファスナー採用なので荷物の出し入れがしやすく、コットン素材の場合は折りたたんでスーツケースに収納することもできます。

自動車が移動手段として使われるようになった時代に、スーツケースとは別に持ち歩く旅行用のバッグとして登場しました。

シーン別サイズ|ルイヴィトンのボストンバッグ

シーン別にオススメのルイヴィトンのボストンバッグの8つのサイズを小さい順にご紹介します。

ボストンバッグのサイズはシーンに合わせて選びましょう。※機内持ち込みの制限のサイズに関しては、航空会社によって異なりますが、多くの航空会社の基準である3辺の合計が115cm以内を基準としています。

①最も小さいスピーディ25

ルイヴィトンのボストンバッグのなかで、最も小さいのはスピーディ25です。スピーディを愛用していたオードリーヘップバーンの要望により、小さいサイズが誕生しました。

小さいとはいえ、お財布や化粧ポーチなどの必需品はしっかりと入ります。サイズは横25cm×縦19cm×奥行15cmです。

②B5サイズも入るスピーディ30

スピーディ30は2番目に小さいサイズです。ペットボトルや大きめのポーチ、B5サイズのノートなども収納できます。サイズは横30cm×縦21cm×奥行17cmです。

③普段の荷物が多い方へスピーディ35

スピーディ35はスピーディのなかで2番目に大きいサイズです。

普段のお出かけの荷物が多い方はもちろん、A4サイズの書類も入るので、仕事用としても使えます。サイズは横35cm×縦23cm×奥行18cmです。

④ノートパソコンも入るスピーディ40

スピーディ40はスピーディのなかで最も大きいサイズです。書類やノートパソコンも余裕を持って入れることができます。

マチも広くお弁当も入るので、日帰りのお出かけや1泊の旅行にも使えます。サイズは横40cm×縦25cm×奥行19cmです。

⑤1~2泊の旅行にキーポル45

キーポル45はキーポルのなかでは最も小さいサイズです。機内持ち込みもOKの大きさなので、1〜2泊の気軽な旅行にも活躍します。サイズは横45cm×縦27cm×奥行20cmです。

⑥2~3泊の旅行にキーポル50

キーポル50はキーポルのなかで2番目に小さいサイズです。

機内持ち込みもOKの大きさなので、2〜3泊の旅行や、1〜2泊の旅行で家族分の荷物を入れる際にも活躍します。サイズは横50cm×縦29cm×奥行22cmです。

⑦出張や3〜4泊の旅行にオススメのキーポル55

キーポル55はキーポルのなかで2番目に大きいサイズです。

機内持ち込みはギリギリOKか、荷物の膨らみによっては引っかかる可能性もあります。書類や仕事道具も必要な出張や、3〜4泊の旅行にもオススメです。

サイズは横55cm×縦31cm×奥行24cmです。

⑧遠征やお土産も!最も大きいキーポル60

キーポル60はキーポルのなかで最も大きいサイズです。機内持ち込みは不可です。

お土産で荷物が多くなる旅行や、用具が多くなるスポーツの遠征にも活躍します。サイズは横60cm×縦33cm×奥行26cmです。

まとめ

今回はルイヴィトンのボストンバッグの魅力や、ボストンバッグのサイズについて詳しくご紹介しました。

旅行かばん専門店としてスタートしたルイヴィトンのボストンバッグは、高い収納力と豊富なバリエーションが人気です。

サイズやデザインも多数あるので、用途やお好みにあった商品をお選びください。

気に入ったボストンバッグを身に付けると、普段のお出かけや旅行がさらに楽しくなるかもしれませんよね。

おすすめ記事