知らないと損する10万円金貨の本当の価値

平成天皇 10万円金貨

10万円金貨

10万円金貨

10万円金貨には昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨と、今上天皇御即位記念金貨があります。
天皇陛下御即位記念10万円金貨は日本で初めて発行された記念金貨、および初の1万円を超える額面の貨幣であり、第二次大戦後初の金貨です。

昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨は61年と62年に発行された2種類があり、
今上天皇御即位記念金貨は平成2年に発行されたものがあります。

2つの10万円金貨の違い

 

平成天皇 金貨

昭和天皇の金貨と今上天皇の金貨、2つとも純金が使われており額面は同じ10万円ですが、その価値は大きく違います。

昭和天皇陛下御即位記念金貨=20g

今上天皇御即位記念金貨=30g

2つの金貨は同じ額面でも上記のように重さが違うため、金として売却できた場合価格が変わってきます。

金相場が例えば4000円だった場合

昭和天皇陛下御即位記念金貨=20×4000円=8万円

今上天皇御即位記念金貨=30×4000円=12万円

こちらの金貨、通常使う機会がなく銀行へ両替に行く方もあるかと思いますが、銀行ではあくまで両替ですので
10万円にしか換金してもらえません。

 

しかし金として売却できれば10万円の額面以上の価格で換金できますので、
額面のある金貨を両替、換金する場合は銀行へ行くか、額面を超えている時であれば金相場で買取をしているお店があるかどうかを調べてからでも
損はしないと思います。

 

現在、 金相場は持続的な上昇相場のため今上天皇御即位記念金貨は額面の10万円を軽く超えています。また昭和天皇陛下御即位記念金貨も10万円の額面を上回る価格で売却可能になる日もそう遠くないのでは?と思います。

 

※貨幣損傷等取締法という貨幣の損壊を禁じた法律がありますので、この金貨を溶かしたりすることができず
用途が限られるため金相場の価格で買取をしていないお店もあります。

 

関連サイト(外部リンク)

金・プラチナ買取店をお探しの方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る